そのときはアッシュによろしく

あまえんぼうであばれんぼうなアビシニアン♂と暮らす日々…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッシュ・クライシス

危機は先週やってきた。

連日遅いおねえたん、アッシュに罪悪感を持っていたのですが、
さすがアッシュくん、無言の抗議をしてくれました。

実は、ずっと気になってはいたのですが、
首に掻きあとのかさぶたがあって、
まあまあ、だんだん治るだろうと思って見ていたところが…。

その日帰ると、首に人差し指の先ぐらいのアカ剥けができているではありませんか!
たぶんですけど、かさぶたを気にして舐めてしまったに違いありません。
でも、かさぶたは指で探らないとわからない程度だったのに、
しかも首なのに、よくもまあ…。と思って見ていると、
精一杯舌をのばして、べろんべろんしているアッシュ。
アッシュがそうしてかさぶたを剥ぎ、
傷を拡大してしまったようでした。


くらいしす1


傷は非常にウェットで、皮の下が出ているという感じ。
さすがにこれは…。と思いエリザベスカラーをつけようとも思いましたが、
まてよ、ちょうど傷にかかるところだな、と断念。
それよりとりあえず、以前に動物病院で処方してもらった薬を塗ろうと思いました。


くらいしす2

こういうの、猫ってすごく敏感ですよね。
私が薬を持ってにっこり近づくと、
ぴゅっ!と逃げてしまう。
いつもなら気長に狙いますが、
今回は私も傷がひどくて焦っていたし、
遅かったので時間もなかったから急いていました。


くらいしす3


結局取っ捕まえて、ぐりぐり塗りました。
アッシュはフウフウ言って、嫌がっていました。
痛いというより、無理矢理が嫌だったのでしょう。
塗り終わった途端に逃げていきました。
これでヤメとけばよかったんです…。

ご機嫌をとろうと近づくと、シャーっ!と言って逃げて、
ベッド下でべろべろまた傷を舐めるアッシュ。
ああっと思ってもべろべろ舐め取っています。
こりゃあかん、そうだ! 輪状の布を首に巻いて舐められなくしたらいいのでは!?
…なーんて、思っちゃったんですよね。


くらいしす4


そこからはまた格闘です。
捕まえて首に巻きたいおねえたんと、
逃げるアッシュ。
しかもその間に舐めようとすると、
大きな声で「駄目っ!」と止めるおねえたん。
アッシュには恐怖だったのでしょう。

それからのアッシュは野生の猫のよう。
フシャーッ! と毛を逆立てておねえたんを引っ掻き、
聞いたことのない声でムアーッ!と凄み。

あれ、これってヤバいのでは…。
と、思ったときには後の祭り。
もう完全にアッシュはイっちゃってました。


くらいしす5

アッシュって、マスクが甘いから、
おとなしそう~とかよく言われるのですが、
そこは男の子、本気で暴れると凄いです。

途中からこりゃあかんと、なだめにかかったおねえたんに対して、
アッシュは本気で顔を引っ掻いてきました。
いかに普段は加減してたか、よくわかりました。
この状態は私が作り出してしまったもの。
でも、やっぱりショックでした。

これまでアッシュとつくってきた絆が全部無になってしまった。
もう、もとには戻れないかも、という恐怖。
そのぐらい、アッシュは本気でした。
途中からおねえたんは泣きながら謝って、
アッシュに話しかけていたけど、
アッシュは許してくれなくて…。

きっと、疲れていたんだろうな。
この時点で深夜2時。
このままは寝れなくて、
ベッド下の唸るアッシュに這いつくばって話しかけてました。
しばらくして、警戒しながらも出てきたので、
気になりながら私もベッドに入りました。
もちろん、アッシュは来ませんでした。


くらいしす6

明け方、4時頃だったでしょうか。
気配で目が覚めると、アッシュが私のベッドの周りでうろうろしているのがわかりました。
アッシュも逡巡していたんでしょうね。
一緒に寝たい、でも怖い、一緒に寝ようか、でも何かされるかも…。
起きて、ご飯に誘いました。
驚くことに答えてすぐにやってきて、いつものように脇の下で食べました。
よしっ! と思って、しばらく釣り棒で遊びました。
遊び疲れたアッシュはおねえたんに触らせてくれました。
撫でると気持ち良さそうでした。
ああ、大丈夫…。
そう思ってまた眠りにつきました。


        



一点心配だったのが、
果たして今後アッシュはおねえたんに抱っこさせるだろうか?ということでした。
でも大丈夫でした。アッシュは翌朝、もう抱っこさせました。
忘れっぽいんだから~、という考えもあるでしょうが、
おねえたんは知っています。アッシュは嫌なことは決して忘れない。
ということは、これはアッシュが許してくれたととるべきだと思いました。

ごめんね、アッシュ。
もう無理矢理はしないよ。
幸い、乾いた傷をもう舐めている様子はありません。
いろいろと教訓を教えてくれた出来事でした。

この土日は一緒に寝て、お互い満足でした。
ベストパートナーを目指そうね。



動物は許してくれる。譲らないのは人間のほうかも…。
にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle

おねえたんもアッシュくんも大変でしたね・・・。
でもみんな1回は経験してることかもしれません。
うちも花梨がこの間まで威嚇と本気パンチが出て泣きそうになりました。
最近はほとんどなくなったんですけど、ほんとどうしていいのやら悩みますよね・・・・。
最後の【動物は許してくれる。譲らないのは人間のほう】っていう言葉、ズシリときました。
そうなんだよね・・・。うん、心広いのは動物のほうだなぁ。
  • posted by 花梨。
  • URL
  • 2011.04/10 18:49分
  • [Edit]

胸が

詰まる思いで読みました。
最後はアッシュくん、許してくれたんですね・・・。
動物って本当に勘が鋭くて、
いくらネコナデ声で近づいても、気配を察知しますよね。
お仕事で忙しいおねえたんのつらい気持ち、お察しします。
また一歩ずつ、ベストパートナーに向けて積み上げていってくださいね。
  • posted by abyblo
  • URL
  • 2011.04/10 19:22分
  • [Edit]

NoTitle

アッシュクライシス、本気で大変だったのですね!おねえたんのお気持ち、分かりますとも。帰宅してそういう状態だったら、私も同じようにしたと思います。そしてポピーなら同じように豹変してたでしょう。アッシュ君のように優しくないから、ポピーは許してくれるまで半年はかかりそうだけど・・・。やっぱり男の子はなんだかんだ言っても優しいように思います。
その後傷は良くなったかな?寂しさが原因だったら、おねえたんのお仕事が落ち着いてくれるまで待つしかないのかなぁ。忙しい母は辛いですよね。
  • posted by アン&ポーママ
  • URL
  • 2011.04/10 20:48分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2011.04/10 21:15分
  • [Edit]

NoTitle

傷をみつけてしまった時のドキっとした気持ち。
アッシュたんが本気で怒ってるのがわかった時のザワっとした気持ち。
私も経験したことあるよ~。
アッシュ、寂しかったんだね。ごめんねアッシュ。かわりに私があやまっとくよ。
仕事、はやく落ち着くといいですね。っていっても仕事だからねえ。困っちゃうよね。
  • posted by あびぞう
  • URL
  • 2011.04/11 00:20分
  • [Edit]

NoTitle

ありゃりゃ・・アッシュくんパニックになっちゃいましたか。
傷口のこともあって神経も尖っていたんでしょうね。
おねえたんもそんなアッシュくんのことが心配で
お互いストレスがぶつかっちゃったんでしょうか。
でも長引かなくってよかったです。
また同じ状況になると危ないかもなので注意してあげてくださいね。
首筋の傷、こむぎも数ヶ月前に作りました。
真っ赤で血が滲んで・・ちょうど後ろ足でバリバリできちゃうようなところ。同じように人差し指くらいのをね。
うちは今まで傷ハゲを作ったらエリカラしてたけど
それがストレスになってお腹ハゲさせちゃったことがあるんで
今はよっぽどじゃない限りそのまま放置してます。
時間はかかるけど化膿しないようにだけ気をつけてたら
2・3ヶ月で元に戻りました。
そうして様子見してくしかないですね。。
今の季節は花粉もあるし今後は湿気もあるし
きっといろいろと症状が出やすい時期なんやと思いますよ。
お互い無理せずに。
  • posted by ベル
  • URL
  • 2011.04/11 13:48分
  • [Edit]

NoTitle

アッシュくん、相当イヤだったのかな。
我が家ではきっとシンノスケがアッシュ君タイプだな。
どちらかというと、すぐにパニックになるタイプです。
コタローはすぐに諦めるタイプ
ハチは全く抵抗しないタイプです。
季節の変わり目だし、症状がいつもに増して出やすいのかな。
早く治るといいですね。
  • posted by モモ大好き
  • URL
  • 2011.04/11 19:51分
  • [Edit]

NoTitle

アッシュくんも、おねえたんも辛かったね。
おねえたんの気持ち、よく解るよ。
同じ立場だったら、やっぱり追いかけまわしてでも
処置しようと思うから・・・
アッシュくんは、ちゃんとおねえたんのこと解ってくれてるよ。
アッシュくんの傷、早く治りますように

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

うんPかりん党

うんPかりん党

プロフィール

アルバトロス博士

Author:アルバトロス博士
アビシニアン♂フォーン
と暮らしています。

最近の記事

遊びにきてくれた人

バナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。